環境方針


環境理念

 当社はビルメンテナンスを核としたサービス業務を展開しています。
 地球環境保全が人類の重要課題の一つとして浮かび上がってきていることを十分認識し、当社の業務活動を通じて、環境に調和した付加価値のある業務展開を積極的に行い、広く社会に貢献して参りたいと考えます。
 当社は「建築物の環境衛生・安全の分野において、技術力に裏付けられた高水準のサービスを信頼と誠実をもって提供すること」を企業理念としており、当社の重要な経営課題のひとつとして、事業活動に伴う環境負荷の軽減を目標としています。
 この環境保全への取組みを強化するツールとして、エコアクション21による環境マネジメントシステムを導入し、省エネ、省資源、廃棄物の削減に役立つような活動を推進して参りたいと考えています。
 エコアクション21は、生産施設を持たず、多様な客先で業務を展開する当社にとって、整合性のある環境マネジメントシステムであると認識しています。
 また、これらの活動の一環として地域社会貢献活動も推進して参ります。


環境活動方針
環境理念を具現化するために次の活動を推進します。
1.

2.

3.

4.


5.


6.
当社の環境負荷として考えられる「二酸化炭素排出量の削減」「廃棄物排出量の削減」「排水量の削減」に取り組みます。
環境マネジメントシステムを活用し、高品位な環境サービスの提供に努めます。
環境目標を定め、これを実行し見直すことにより継続的改善を図ります
環境に配慮した行動を社員一人ひとりのレベルまで徹底することに努めます。
環境教育等を通じて、全社員の環境に対する意識の向上を図ります。
積極的に環境活動を展開し、環境に関する提案等を通じてお客様のベストパートナーとなることに努めます。
お客様施設のメンテナンスにおける省エネルギー等の提案もしてまいります。
環境法令等を遵守し、事業活動に伴って発生する環境負荷の低減に努めます。
また、環境関連の法規、協定等を順守すると共に、社内の規定類を整備し、環境保全に努めます。
地球環境保護活動と共に、当社の社会的責任の一環として地域社会貢献活動の推進に努めます。
当社1階部分を無料の貸会場「フリーゾーン」として地域社会の文化発展のために開放するとともに、2階部分に救急救命の一助としてAEDを設置し、また献血等へも積極的に参加して参ります。


この環境方針を文書化し、実行し、維持し、全社員に周知し、外部に公表致します。

2008年1月12日
総合ビル・メンテム株式会社
代表取締役 近藤宏章


環境レポート
   2008年度   2009年度  2010年度  2011年度  2012年度